下記は去年のメモ書きです

ムンバイ5日目11/1

6:45起床

ひげ剃りと歯磨き
スッキリしたというのは外見だけではなくストレスもなくしてくれる
日常に戻るプロセスは癒しになる
今頃日本では9:45分かと想像する
17GB
インドに突っ込むシリーズ

こっちで覚えた美味しいやつ

Chikin manchaw soup
veg Manchurian + nudles
ムンバイ湾に面したアポロ埠頭の突端に立つgat way of india
イギリスの国王と王女が訪れた記念
インディアンゲストハウスがある通り「ミヌーデサイーロード」
PJラムチャンダニマーグ(港の通り。日の出の)
シャビッド・バガット・シン・ロード(レオポルドカフェとカフェモンテガーの通り。露店が立ち並ぶマックやコーン屋さんがある沿いの通り。ガソリンスタンドを左に行くとPJラムチャンダニマーグの終わりに着く)
アンバサダー(ガマガエルみたいな車)

変わらない人

2011年の誰かのブログに載っていた写真の男性と自分もムンバイであった

10:00ごろ帰宅

アポロレストランでタンドリーチキンハーフとChikin manchaw soupを頼んだ
その後ゲストハウスに直行
明日の行く場所とグルメなものをターゲットにしておく
ムンバイに来たらここに行くでしょというところに行っていないので、
食べないでもいいが紹介にならないので日中は歩いて、夜にバカぐいするようにしようと思う(というかなぜか一人用ではないっぽい)
夜に食べる理由はもう一つあって、お腹が壊れてもホテルで足せるように。
日中にそれになって町中でトイレはどこですか?をやるのが辛かったので
明日はモルガンカフェでサラミ&ハムという写真が面白そうなピザ
明後日はダンサク(バルーシ料理)を食べにジミーボーイというお店
最終の朝はレオポルドカフェでクラブサンドウィッチを食べようと思う

マヒム(mahim/スラム街)

チャーチゲートstからマヒム→CST
は帰るとき2回乗り換える。大変

「弟が熱を出してしまったんだ」

マヒムからサイン(SION)まで歩いた。これがすごく遠くて25分ぐらい歩いた。
なぜ歩いたかはそっちの方にスラム街があると思っていたのだが、
どうやら違くて100mぐらい感覚でジュースを飲むために喫茶店に入った
小学校が多かった。

マヒムの駅反対側。

列車到着の
スラム街は
ナイフを突きつけられたら終わるので奥にはいかなかったが、
なんとなくあまり変わらない気がした
それよりもマヒム駅のやや後方にある集落の方がやばい気がした
迷路

チャトラパティ・シヴァst(CST)

・ライトアップ
・キングバーガー(ブルーは味がない。オレンジにして)意味がわからなかった
・tomscook (両替。5040R/1万円)だった。空港は800円ぐらい取っていったことになる
・インドに突っ込む100を考えながら歩いた

俺を撮れという写真

満員電車

ポケットに手を入れておくことでスリ防止になる

この人がマヒム駅に行きたいらしいんだ

君はどこで降りる?この人を見てやってくれないか?
からの少年。
引き継いで行って去って行った。
少年と混雑した車内に乗り込んで席を取って座ることができたのでお互いイェーイ

洗剤が切れた

明日から石鹸だ。あと2日だから問題ないか??

折角のマラソン靴が汚くなった
買わないとな

トイレの水を自分で流すとか

気持ち悪い色して浮き出てくるので嫌い

電池切れした電池

捨てられないでいる。家の自宅で捨てたい。
なぜなら多くの時間を自宅で過ごしてここまで来た電池だから
なんかキモいけどそういう気持ちが芽生えている。電池にも

今日はPC広げなかった

喫茶店に入ってこれを広げるのは結構ハードル高くなっている
リラックスできるところじゃないと開きたくない

仕事のメールやアプリを開かないようにする

そして開くということは日常に戻るということで、ストレス解消にもなる。
と思った。
これはwifiを契約して来たことで当たり前なのだが、
自分は海外でネットを自由に開いたことがなく、
開く功も罪はあると思う
もうgage way of indiaからチャーチゲート駅までの道がわかった。
バスには頼らなくても大丈夫になった

お金を差し引いとこう、

あらかじめ。そして2万円を使い切るorもっと体験を増やした写真を撮るようにしよう
ここら辺スーパーマーケットはどこにあるんだろう

写真

今日もまた300枚ぐらい撮ったが、「何が楽しいんだ」という冷めた気にもしてくれる。
同じような写真ばかりで困っている

足の皮黒いの

治らない。皮が脱皮すれば治るかな。。。
何をしたら長時間黒くなるんだ

夜23時30分以降は静か

みんな寝ているからそこらへんは一日中鳴らしている北インドとは違う

あまり観光客がいないからか

誘ってくる人も北に比べていないしいらいらすることもあまりない

SNS
インド旅instagram
適当な日常写真instagram
note
Twitter
FaceBook
※業務連絡やお久しぶり連絡はチャットからお願いします

(Visited 1 times, 1 visits today)