もりたけんじの武骨日記

友達がカマキリになった夢

友達がカマキリになった夢

DSC_8736

友達が突然カマキリになった夢を見た

起きてすぐ振り返ってみる

どういう理由でそうなったか、

どのようになったかは忘れたが

確かにそれになったところは見た

何よりカマキリになって困ったのは、リアルなそれなので小さくて探しづらいということだった

一人で探すのは難しいため、小学校の生徒に

この近くでカマキリを見つけたら教えてくれ

と各クラス回ってアナウンスしていた

すると生徒たちはさすがというか

次々にカマキリを見つけて私に寄こした

私はそれをとりあえず虫かごに入れるが

次々と見つけてはよこすので

虫かごが足りなくなった

こんなにも多くのカマキリが集まったのを見たことがなく、

嬉しいのと同時に恐怖を覚える

私は、

カマキリがこのまま成長したらカマキリの顔だけが友達の顔になり、

胴体がカマキリになれば見分けがつくのではないか

と考え、

育てようとするが、

カマキリの卵からは無数の子供が生まれることを考えると

これは何かのループに陥りそうだと気づいた

あと、確かカマキリはカマキリの頭を食べるとかいう話なかったっけとか

カマキリになった友達を探すのはかなり難しい

私はそこで目が覚め、

あの友達は誰だったのか

今思えば、

あの探してくれた子供たちが「見つけた!」と渡してくる様子も

なんだか怖く感じている

私は夢から覚める

昨日干した部屋干しの洗濯物がもう乾いている

note

(Visited 1 times, 1 visits today)