【Vagrant】Mac簡単設定の方法

スクリーンショット 2016-04-26 23.24.28

いまさらですが、、
今度マシン変えたときのためにメモっとく

1 virtualBoxのダウンロード
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

2 vagrantのダウンロード
https://www.vagrantup.com/downloads.html

3 vagrantの初期化
vagrant init

4 ルートにあるvagrantfileの編集
#config.vm.box = “base” ←コメントアウト
config.vm.box = “puphpet/centos64-x64” ←追加

5 コマンド実行
vagrant up
vagrant ssh

6 仮想環境内でnvmをインストール
※vagrant sshで仮想環境に入って下を実行
curl -o- https://raw.githubusercontent.om/creationix/nvm/v0.25.3/install.sh | bash

7 nvmとしてnodeをインストール
nvm install v0.12.4
nvm alias default v0.12.4
※バージョンは任意

node -v

8 sudoコマンド実行時のパスを普段のユーザーのパスと同等にする。
(nvmを利用してNode.jsをインストールするとsudoコマンドの利用時にnpmやnodeコマンドが利用できない為)
sudo visudo
以下viエディターで設定、
【1(env_resetを無効にする)】
Defaults env_reset (無効にする)

Defaults !env_reset

【2(HOMEを追加)】
# Defaults env_keep += “HOME”

Defaults env_keep += “HOME”

【3(パスを書き換えない)】
Defaults secure_path = /sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin

# Defaults secure_path = /sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin

書き換えたら:wq

9 gitをインストール
sudo yum install git

10 vagrantfileに以下を追記
(フォルダをhostと仮想で共有する、仮想マシンのwebサーバーを利用できる)
config.vm.synced_folder “host_path”, “guest_path”
config.vm.network “forwarded_port”, guest: 80, host: 8080
config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.33.10”

これした後
terminal再起動して

vagrant upすると下の様にエラーでる
There are errors in the configuration of this machine. Please fix
the following errors and try again:
vm:
* The shared folder guest path must be absolute: guest_path
* The host path of the shared folder is missing: host_path

無視しよう
普通にvagrant sshでログインできる

フォルダはsshで入った後
cd /
cd vagrant/
にいどうすると
hostのvagrantfileが置いてあるフォルダが共有されていることが確認できる。

vagrantによるhostとgustの仮想環境でのファイル共有

vagrantによるhostとgustの仮想環境でのファイル共有

仮想マシンのフォルダ共有でエラーが出る場合
vboxをリビルド。仮想マシンにログインしたら以下をrun
sudo /etc/init.d/vboxadd setup

これを仮想環境内でやると
[vagrant@localhost ~]$ sudo /etc/init.d/vboxadd setup
Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules [ OK ]
Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
Building the main Guest Additions module [ OK ]
Building the shared folder support module [ OK ]
Building the OpenGL support module [失敗]

こうでる。でたら
http://qiita.com/IK12_info/items/edaf2bfa334c67f9de72
ここ。多分大したことないけど気になるからTODOとします

ホストマシンで、プラグインをインストールしておくと便利
仮想端末のVituralbox-guest-addtionのインストール状況を確認し、必要であれば自動的にインストールしてくれる

以上で取りあえず設定完了。
Nodeいじりまくって仮想環境でがりがりやりたい

nodeといえば過去にこういう記事書いた

フロントエンド記事

よしもとクリエイティブエージェンシーOmOプロジェクト Youtube【凝視おじさん】 【チャンネル登録】→http://www.youtube.com/channel/UCbPCoIwpQ5_FyNEyYvYpNBA?sub_confirmation=1【instagram】→instagram 【twitter】→https://twitter.com/gyoushiojisan

参照
「js + Node.jsによるwebクローラー/ネットエージェント(ソシム)」

(Visited 4 times, 1 visits today)