※2018年1月1日更新
訪れてきていただきありがとうございます。

森田賢二/もりたけんじ

森田賢二/もりたけんじ


ご覧のサイトは「武骨日記」という私の個人ブログです。

多分あなたは「誰なんだろう。」と思っているのではないでしょうか。
自己紹介させてください。

初めまして。
自分は森田賢二と申しまして、
1980年埼玉出身で、
現在
芸人Webエンジニアをしています。
もう少し詳しくいうと、
「よしもとクリエイティブエージェンシー」に居ながら、
フロントエンドエンジニアや写真家として活動しています。

生い立ちから芸人、エンジニアになった経緯をお話しさせていただくと、
自分は中学卒業まで社会の先生にもなりたくて教員免許を取りに大学に進学しました
が、
お笑いへの情熱もあり、
大学を卒業と同時に東京NSC9期となりました。

以降芸人として活動、
現在に至ります。
これが芸人になった経緯です。

ただ、
芸人をしながら、
生活するために違う仕事もしてきました。
主にやった仕事は下記です。

・リクルートHRMでタウンワークを作る
・東京湾に入港してくる貿易船からの投げられる縄を沖で引く綱引き
・先輩芸能人の運転手
・ビジネスホテルのフロントマン

フロントマンをしている際に英語の必要性を感じました。
日本に訪れる外国人が多くなってきた頃でした。

ここがエンジニアになった転機だと思います。

海外旅行をしたことがなく、英語も話せなかったのですが、
一人でインドに行くことを決意しました。
当時30歳でした。(こちらは当時のインド記です)
現地のインド人と「20円騙された」「いいや騙していない」の熱い討論をして英会話をし、
帰国後にはもっと海外を周りたくなります。

ただ周るにしても発信しなくてはならないなと思い、
「そのためにはWeb技術じゃないか?」と感じるようになりました。

自分はすぐ、必要となるWebの技術を学びに職業訓練にいきました。
今から7年前です。

その後、
Webの経験を積んでいく中で、
「JavaScript」というプログラミング言語が好きになってしまいます。

プログラミングは1文字でも違うと動作しない。
「完全に自分のせい」となるのですが、
責任の所在が自分になるところが分かりやすかったのです。

それからどんどんのめり込みました。
5年前のことです。

これらが自分のWeb系アウトプットです
github
qiita

結果、勉強しすぎて、
現在フロントエンドエンジニアの肩書きでフリーランス(個人事業主)となってしまいました。

またプライベートでもお仕事を受けるようになりました。

芸人とWebをどうにかしよう両立できないかと考え中です。

どうでしたでしょうか
何者かはわかったのではないでしょうか。
こんな感じです。

(どうなったら東京湾で綱引いていたのにWebエンジニアになるのでしょうか。。)

最近ではインドにハマって、
写真を載せていたらフォトグラファーとしてのお仕事もいただくようにもなりました。

まとめますと
・芸人をやりながらWebエンジニアをやっている
・インドが好きで写真撮っている

な奴です。
なので、このご覧のブログは初期はお笑い記事が多いですが、後期はインドとWeb記事が多いのです。

以上でわたしが何者かの説明は終わりです。
ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございました。
何かのご縁ですのでこれからもどうぞよろしくお願いします。

森田賢二

武骨日記TOPページ

※2006年~2018年までの全てのブログ記事はこちら

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。