image

この世に定価がある限り!進め半額マン!

この世に定価がある限り!進め半額マン!

21時になると近所のスーパーのお惣菜が全て半額になる
その時の猛者の勢いがすごい

お惣菜コーナーでは通常

焼きそばが300円ぐらいで売られている
たこ焼きが300円ぐらいで売られている
お好み焼きが300円ぐらいで売られている

それらが150円になるものだから

猛者も黙っちゃいられない
猛者は21時くらいになるとどこからか現れて
シールが貼られるのを待っている

いや猛者中の猛者は20時50分ごろに店内に入り、
様子を伺いながら「フラフラ」している

野菜売り場から様子を伺う猛者もいる
お酒売り場から様子を伺う猛者もいる
なんなら
惣菜売り場にずっと居て「何にしようか」悩んでいるフリの演技をしている猛者もいる
演技がすごい。元俳優の猛者だ絶対

シールを貼る店員さんもまたこれ面白い
シールを貼る店員さんは「絵に描いたような20台前半」の初々しい
誤解を恐れずいうなら「初めてのバイトがここのスーパーです」みたいな若人で

その店員は21時になるとそれまでしていた作業を一回止めてバックヤードに帰り、シールを持ってきて惣菜コーナーにいく
するとそろそろかとばかり猛者が集結する
野菜売り場で「今日のお鍋は何にしようかなぁ」と思っている演技をしていた猛者が
「キターーーーー!!」とばかり、

お酒売り場で「今日は自分にご褒美でエビスにしちゃおうかしら」という演技をしていた猛者が
「ウォリャーーーーー!!」とばかり

猛者中の猛者の「惣菜ぴったりマンマークな猛者」は
「あれ、ちょうど買おうとしていたけど、ま、安くなるならそっちを。。」みたいな演技をしながら
全国かるた選手権優勝経験者よろしく
「これだーーーーー!」てなもんだ。

シールが貼られると
「キターーーーー!!」
「ウォリャーーーーー!!」
「これだーーーーー!」
が始まるので面白い

半額シールは人を変える

私は店員さんも半額シールがペタペタ貼ってある全身タイツを着て、

image

「お待たせ!猛者ども!今からここにある惣菜を全部半額にする魔法のシールを貼ってやろう!
いいかよく聞け!これはすごいことだぞ!?
おい!そこの演技している君!
いいんだ!いいんだよ!こっちに来なさい!
照れてないで!よしよし!君は何が欲しいんだ!?
焼きそばか!笑
じゃあこれを今から半額にしてやろう!(シールを貼る)
ほら!これでレジで半額だ!よし!
それでは今から全部半額にしていくからみんなで叫んでくれ!
半額マーン!ってな!
せーの!!(半額マーン!)
声が小さいよ!笑
それじゃ3割引しかならないぞ!?
もう一度だ!せーの!(半額マーン!)
君!
君は全然声出てないじゃないか!
君のは20%プラスにしちゃうぞ!?笑
じゃあ君だけ叫んでみようか!
恥ずかしいじゃないよ!笑
こっちが恥ずかしいんだから!笑
せーの!(半額マーン)
よーし!ではいくぞ!!
半額フラッシューー!
ほらほらほらほらぁ〜〜(シールを貼っていく)
ハハハハハ!
では!また会おう!
この世に定価がある限り!進め半額マーン!!
ハハハハハ〜〜(立ち去る)」

ぐらいすればいいと思う

(Visited 1 times, 1 visits today)