タグ別アーカイブ: firebase

【Firebase】GitHub認証の設定の方法

こちらの記事はこちらの「【FIREBASE使い方| こんなに簡単なんだ!!】FIREBASEでWEB公開するまでにやった7つの事」の記事でWebホスティング設定をした方がGitHub認証設定したい際の説明ページです。

こちらのチャットアプリを一度作ってみることをお勧めします。(60分でできると謳っています)

基本的にこちらのドキュメントを見ながらやればOKですが

ここの記事では画像でそれをわかりやすく説明しただけですよ。

まずこちらのFirebase内のペインまで操作してください。

【Firebase | 簡単】GitHub認証の設定の方法

【Firebase | 簡単】GitHub認証の設定の方法

赤枠のところのGitHubが有効になっていますが、ここに至るまでの話です。

firebase_authentication_-_-_firebase

https://firebase.google.com/docs/auth/に移動して、写真のところクリック。
説明が出てきます。
https://firebase.google.com/docs/auth/web/github-auth
ここをクリック
%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%95%e3%82%99%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%aa%e3%81%a6%e3%82%99_github_%e3%82%92%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e8%aa%8d%e8%a8%bc%e3%81%99%e3%82%8b_-_-_fireba

#1
GitHubのページでてくるのでアプリ名とwebサイト入力して緑ボタン

【Firebase】GitHub認証の設定の方法

【Firebase】GitHub認証の設定の方法

#2

IDとかいただく

【Firebase】GitHub認証の設定の方法

【Firebase】GitHub認証の設定の方法

#3

さっきのところに戻って食わせる

【Firebase】GitHub認証の設定の方法

【Firebase】GitHub認証の設定の方法

#4

下の方のここコピー

【Firebase】GitHub認証の設定の方法

【Firebase】GitHub認証の設定の方法

#5

GitHubページのここに食わせてUpdate(ここ前もってコピーしておけばよかったね。あーせん)

【Firebase】GitHub認証の設定の方法

【Firebase】GitHub認証の設定の方法

#6

あなたのアプリのGitHubボタン押下で認証通ります。(もしAppページに設定していなかったらそっちの設定してね)

【Firebase】GitHub認証の設定の方法

【Firebase】GitHub認証の設定の方法

 

じ、自分のが重なるアイコン。。

ありがとうーーー

でわーーー

 

【Firebase】firebase init をしたら「Command requires authentication, please run firebase login」

そこに書いてある通りのコマンドを実行してください

firebase login

Allow Firebase to collect anonymous CLI usage information?
Firebaseに匿名CLIの使用情報の収集を許可しますか?
Y

スクリーンショット 2016-09-03 10.43.14

 

ではーーー

 

【Firebase】firebase serve をしたらNot in a Firebase app directory (could not locate firebase.json)

【Firebase】firebase serve をしたらNot in a Firebase app directory (could not locate firebase.json)

【Firebase】firebase serve をしたらNot in a Firebase app directory (could not locate firebase.json)

ここ
をしたあと

firebase init
【Firebase】firebase serve をしたらNot in a Firebase app directory (could not locate firebase.json)

【Firebase】firebase serve をしたらNot in a Firebase app directory (could not locate firebase.json)

fireabaseになんのsetupをしたいか聞いてくる
今回は静的ファイルを上げたいだけなので
(chatじゃない方)

project setup

他にもいろいろ聞いてくる

【Firebase】firebase serve をしたらNot in a Firebase app directory (could not locate firebase.json)

【Firebase】firebase serve をしたらNot in a Firebase app directory (could not locate firebase.json)

適当に答えたら
firebase deploy

示されたurlを訪れると。。

okですね。。

git ignoreをしよう
firebase.json

 

【Firebase使い方|こんなに簡単なんだ!!】簡単に公開「Firebaseでやった7つの事」

【Firebase使い方】簡単にFirebaseでWeb公開するまでにやった7つの事

【Firebase使い方】簡単にFirebaseでWeb公開するまでにやった7つの事

Firebase
Firebaseって何という説明はこちらにお任せします。

こちらの記事は「静的Webサイトホスティング」の仕方を説明します
Webセットアップdocs

#0事前準備
・node 0.10.0以上。
・もし過去にfirebaseをインストールしてる方
$ npm uninstall firebase –save
$ npm install firebase –save
バージョンが古くなっている可能性があるようなのでuninstallしてからinstallしなおす。x.2とx.3だといろいろ違うようです
古いかどうかは
firebase version
で確認

ここからスタート
・新規プロジェクトを作っておく
こちらにgoogleアカウントでログイン

【Firebase使い方】簡単にFirebaseでWeb公開するまでにやった7つの事

【Firebase使い方】FirebaseでWeb公開するまでにやった7つの事

【Firebase使い方】簡単にFirebaseでWeb公開するまでにやった7つの事

【Firebase使い方】簡単にFirebaseでWeb公開するまでにやった7つの事

あなたがもし「マン島」にお住まいならマン島にする。
ここでのプロジェクト名がドメインに含まれます。(chatの位置に注意してください)

【Firebase使い方】簡単にFirebaseでWeb公開するまでにやった7つの事

【Firebase使い方】簡単にFirebaseでWeb公開するまでにやった7つの事

以上を踏まえて。。

Webで公開するまでにやること使い方
#1
ここの説明。
upしたい静的ファイルのindex.htmlに記述


config

<script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/3.3.0/firebase.js"></script>
<script>
  // Initialize Firebase
  // TODO: Replace with your project's customized code snippet
  var config = {
    apiKey: "<API_KEY>",
    authDomain: "<PROJECT_ID>.firebaseapp.com",
    databaseURL: "https://<DATABASE_NAME>.firebaseio.com",
    storageBucket: "<BUCKET>.appspot.com",
  };
  firebase.initializeApp(config);
</script>

コンソールを叩く。
公開したいプロジェクト直下まで移動して、
#2
$npm install firebase –save


#3
$ npm install -g firebase-tools


#4
$ firebase serve


※このコマンドで、「command not found: firebase」といわれたら
$ npm install -g firebase-tools
をやってください。
※このコマンドで「Error: Not in a Firebase app directory (could not locate firebase.json)」
といわれたら
firebase init
さらに
Command requires authentication, please run firebase login
と言われたら
firebase login

Allow Firebase to collect anonymous CLI usage information? Yes

Gmailでログインできる
#5
firebase init


What Firebase project do you want to associate as default?

#6
設定ファイルの質問に答える


ここからコンソール上で質問されます。
プロジェクトに合わせた設定にしてください。
以下わたしの場合。

? What Firebase CLI features do you want to setup for this folder?
このフォルダに何のfirebaseCLIを設定したいの?
→今回はサイトをhostingしたいだけなので
→Database: Deploy Firebase Realtime Database Rules, Hosting: Configu
re and deploy Firebase Hosting sites

=== Project Setup

What Firebase project do you want to associate as default?
何のFirebaseプロジェクトをデフォルトとして結合したいの??
→新しくつくるので
→create a new project

? What file should be used for Database Rules?
→どのファイルをDatabaseRulesとして使うの?
→database.rules.json

?What do you want to use as your public directory?
公開するディレクトリとして何を使うの??
→public直下に置きたいので
→public
※ここでの設定で既にgulpなどで書き出し先フォルダがある場合ファイル階層を変更する必要がある場合があります)

Configure as a single-page app (rewrite all urls to /index.html)?
SPAとして設定する?//Reactとか使うならYes
No

File public/index.html already exists. Overwrite?
public配下にindex.htmlがあるけど書き換える??
No

#7
firebase deploy


※ここのchat-88920を先ほどのプロジェクト名に変更してください
確認

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-19-53-29

このような画面が出てきたら
publicフォルダの配下にあるindex.htmlに何か書いてください。

【Firebase使い方| こんなに簡単なんだ!!】FirebaseでWeb公開するまでにやった7つの事

【Firebase使い方| こんなに簡単なんだ!!】FirebaseでWeb公開するまでにやった7つの事


こちらのスニペットをindex.htmlのbody終了直前に張ることをお忘れなく
何これって思った方はこちらの「アプリに Firebase を追加する」を読んでくださいね

firebase serve
でローカルサーバーを立ち上げて確認
http://localhost:5000

OKなら本番反映
編集したら
firebase deploy

Hosting URL: https://[あなたのプロジェクトフォルダ名].firebaseapp.com

そのURL確認
反映されていると思います。

わからないところあったらここみてやってね。
※gitignoreで無視しましょう
firebase.json
database.rules.json

以上でしたーー

これからさらに作っていこ〜と思います。

でわーーー