フロントエンジニア芸人もりたけんじのreact

【React】babelでbabel-preset-stage-0や使う方法「ES7 Property Initialiazers for Default Props and Prop 」を使いたい方へ

【React】babelでbabel-preset-stage-0や使う方法「ES7 Property Initialiazers for Default Props and Prop 」を使いたい方へ

英語文しかなかったので自分のようなReactにおいて「ES7 Property Initialiazers for Default Props and Prop」を使いたい方へ記事書きました

参照 http://babeljs.io/blog/2015/10/29/6.0.0 http://egorsmirnov.me/2015/06/14/react-and-es6-part2.html

babelは6系からそれぞれプラグインをインストールすることになったみたいです。

具体的には これらを適当にインストールしてください(適当です)

"babel-core": "^6.7.6",
"babel-loader": "^6.2.4",
"babel-plugin-syntax-class-properties": "^6.5.0",
"babel-plugin-transform-class-properties": "^6.6.0",
"babel-preset-es2015": "^6.6.0",
"babel-preset-react": "^6.5.0",
"babel-preset-stage-0": "^6.5.0",
"babelify": "^6.1.3",

その後 package.jsonに下のようにpresetsを設定(使いたいpresetのプラグインです)上のならbebel-plugin-[ここ] 「ES7 Property Initialiazers for Default Props and Prop 」はstage-0として設定すればOK .babelrcだったらpackage.jsonと同じ階層に置けばいいみたいです。今回はjsonに記述します。

"babel": {
"presets" : ["es2015", "react", "stage-0"
 ]
},
"devDependencies": {
//some
}

で gulpfileのtransformのところに

.transform("babelify", {presets: ["es2015", "react", "stage-0"]})

でok

ちょっとエラーが出たり分からなかった場合下記リンク先に playgroundあげてありますので余計なソースを削って使ってください。 ミニマムでReact,ES6の最新が動作できるようにされています。

https://github.com/kenmori/React-ES6-Flux-Playground/tree/master/playground

【 併せて読みたい 】

【REACT】REACTの動きを理解したい人の為の最小サンプル

【REACT入門】過去のREACT初心者の自分にREACTのPROPSとSTATEの違いを簡単に説明してあげたい

【REACT × ES6 × FLUX】を手っ取り早く学びたい人の為にサンプル作ったよ【3の倍数と3が付くときだけ猫になるCOUNTER】

REACT × FLUX × ES6 [WIP]LINE風チャット

他のReact記事

フロントエンド記事

github

qiita

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。