PromiseをAndroid4.xに対応させる方法(promise-polyfill)I want to use Promise for Android4.x.x!!!

PromiseをAndroid4.xに対応させる方法(promise-polyfill)I want to use Promise for Android4.x.x!!!

PromiseをAndroid4.x系に対応させる(promise-polyfill)I want to use Promise for Android4.x.x!!!

Android標準ブラウザ4x系でJavaScriptのPromiseを使うためにしたことです。
このような記事が見当たらないので苦労しました。。

sampleとしてPromiseを実装したページをあげました。
Androidの4.4.4未満で訪れて、「使えます」と出ればこのページで書かれている実装で可能です。

前提

babel、npmなどが使える環境でお願いします。
環境が用意できない方。ここのページで紹介しています。

検証端末(test device)

Android 4.1.2
GALAXY S III SC-06D

PromiseをAndroid4.xに対応させる方法(promise-polyfill)I want to use Promise for Android4.x.x!!!

PromiseをAndroid4.xに対応させる方法(promise-polyfill)I want to use Promise for Android4.x.x!!!

Promiseの各ブラウザの対応状況

PromiseがAndroid4xではどうなっているかcan I useで調べると
ここ

Can I use Promise 「PromiseをAndroid4.x系に対応させる(promise-polyfill)」

Can I use Promise 「PromiseをAndroid4.x系に対応させる(promise-polyfill)」

Android標準ブラウザでは4.4.4未満はネイティブsupportしていないのですが、
es6-promiseを利用することで実行できることを遅ればせながら知りました。。

結論

Babelの設定「babel-preset-es2015-loose」と、es6-promiseで可能でした。

このlooseというのはなんなのでしょう。ここに書いてあるので興味ある方は(後日記事にしたいと思います)

1.

es6-promiseがnpm install されているか確認する
されていなければ
npm i -D es6-promise

2.

babelのバージョンが6.x以上かどうか確認する

3.

babel-preset-es2015のバージョンを調べる

ここにも書いてあるようにお使いのbabel-preset-es2015のバージョンが6.13以上の場合、es2015-looseというpresetsのリストは不要です。
バージョンをあげるのもいいかもしれません。

The preset that this project is based on, babel-preset-es2015, now supports setting the “loose” option directly. After updating to babel-preset-es2015 v6.13.0 or higher, you can remove ‘es2015-loose’ from your list of presets and instead use the ‘es2015 preset this way:

4.

.babelrcの編集

バージョンを6.1.3以上にしたら
.babelrcの該当箇所に
presets: [ [“es2015”, {“loose”: true}] ]
にします

違いは何か??
はここの【ECMAScript2015/Babel】presets-2015のbable-looseとnormalの違い で説明しています。

すると書き出されるbundle.jsのexports部分が変わります。
以下のような書き方だったjsが

Object.defineProperty(exports, "__esModule", {
    value: true
});

このようになります。

exports.__esModule = true;

prototypeベースに書かれていることも確認できます。

5.

実際にPromiseを使う。
すぐテストできるように環境を用意しました
https://github.com/kenmori/asynchronousSandbox/tree/master/ex10

es6など使える環境でテストしてみてください。

使い方は

ディレクトリをダウンロードして
プロジェクト直下で
npm install

コードを編集したら
webpack

ローカルサーバーを起動する際は
npm start

です。

もしくは
下のPromiseのコードをお使いのところにペッとやってみてください。

6.コードを埋め込む

/////適時変更////
import { Promise } from 'es6-promise'
////////

///////ここから下////////
  function test(val){
   return new Promise(function(resolve, reject){
    resolve("いけます");
   });
  }
  test("start").then(function(val){
   alert(val);
  }, function(){
   alert("エラー")
  })

を埋め込んでAndroid4.xで確かめて見てください。

7.確認

PromiseをAndroid4.xに対応させる方法(promise-polyfill)I want to use Promise for Android4.x.x!!!

PromiseをAndroid4.xに対応させる方法(promise-polyfill)I want to use Promise for Android4.x.x!!!

上記のコードを埋め込んだsampleページをアップしました。
Sampleページ
Android4.4.4未満でアラートで「いけます」と出れば使えるということです

Promiseを標準ブラウザ4系で動くような記事を探していたのです。
何かの助けになれば幸いです。

くどいようですが上記で使用したサンプルコードの一式(webpack、React、Promise)の環境はこちらです。
Sample GitHub

でわーーー

(Visited 1 times, 1 visits today)