Object.assign,Array.includesがiOS8.1.1、Androidで使えない!ES6(ECMAScript2015)でのpoylfillの意味と使い方

【React × ECMAScript2015】Object.assign,Array.includesがiOS8.1.1、Androidで使えない!ES6(ECMAScript2015)でのpolyfillの意味と使い方

【React × ECMAScript2015】Object.assign,Array.includesがiOS8.1.1、Androidで使えない!ES6(ECMAScript2015)でのpolyfillの意味と使い方

今日Reactでmodalを作っているとsetStateする値をオブジェクトそのままで保持しておく必要があって、さらにもし他のstateが更新されたら一緒にsetStateをする必要があった。

objectとobjectをマージしなくてはならなかったし、objectを非破壊メソッドでコピーしておかなければならなかった。

この2つができるObject.assign
なのですが、
これがiOS9からで8やAndroidには対応していない。
じゃあJSON.parse(JSON.stringify(obj))でコピー作ろうと思ったんだけど、
調べるとfunctionやundefinedをkey値にしてはいけないなどいろいろあるみたい。そもそもオブジェクトコピーするだけでJSONオブジェクトってなんかあれですよねってことで、
やはりObject.assign使いたい!

polyfillの意味は壁の穴を埋めるための物のようです。まさにブラウザのバージョンの差異を埋めるためのもの。

でES6でどこにどう書くんだと思った。

スクリーンショット 2016-07-05 23.53.09

デモ

 

・constructor内にpolyfillを入れる(初期化時にObjectがもっているかどうか判定して持っていなかったらfunctionを代入している)

 

iphoneをMacにつないでwebインスペクタのコンソールでObject.assignが使えたらOK

よかったね!
でわまたーーーー

(Visited 1 times, 1 visits today)