npm config set save=true npm config set save-exact=true

【npm】npm i でpackageのバージョン指定、上げたくない時

【npm】npm i でpackageのバージョン指定、上げたくない時

npm i で勝手にバージョン上勝手しまうことがあります。
それは
package.jsonのバージョン指定が

fafafa : ^2.5.0

とかになっているからです。
この場合もし2.5.1とかバージョンが上がったら
npm installで上がってしまいます。

もしnpm i でpackageのバージョン指定、上げたくない時

npm install –save –save-exact [packagName]

とやるといいです、

npm config ls -l
とやってみてください。
npm の設定が見れます。

【npm】npm i でpackageのバージョン指定、上げたくない時

【npm】npm i でpackageのバージョン指定、上げたくない時

そこに書いてある
save=true
save-exact=true

はnpm i 時に自動でそれをオプションなしでやってくれます。
もしfalseになっていたら

ターミナルで
npm config set save=true
npm config set save-exact=true

をしてください。
npm config ls -l
でtrueになったことを確認してください。

これでオプションなしで、表題のことをやってくれます。

でわまたー

(Visited 2 times, 1 visits today)