朝5時40分。

タージ・マハルを早く見たい。

デジカメは昨夜充電した。
ガイドブックをポーチに入れて少しのルピーをポケットにしまう。

部屋に鍵を掛けて1階フロントまで階段で降りて行く。
階段の勾配が急だからか、焦る気持ちからか、
前のめりで降りて行く。

ホテルの出口は動物園の檻の様にドシャーン!と閉められている。

え?出られないってこと?

フロントの扉も鍵が掛かっている。

エクスキューズミー!
ドンドンドン。

叫んでも、戸を叩いても手応えがない。

朝の太陽はホテルにうるさいぐらい日差しを浴びせる。

シーンと静まりかえっていて「もぬけの殻」

誰もいない?

フロントマンは帰った?ってこと?

わたしは「朝タージ」を諦めるしかないようだ。

部屋に帰るしかない。

折角着替えた服を乱暴に脱いでまたベッドに沈む。

何時になったらフロントは開くのだろう?

とりあえず9時ぐらい迄寝てもう一回行ってみるか。

それから夢を見たかもしれないし見なかったかもしれない。

携帯のアラームは暴力的に9時に起こしてくれる。

わたしはもし扉が開いていた時そのまま行けるように着替えて、用意して、鍵掛けて、白い階段を降りる。

空いている。

フロントも開いている。

相変わらずのインド人もいる。

開いている玄関の門を
「結局いつ開いたんだ?」としげしげと見つめる。

門はこのホテルが建った時からずっと開いていたぞ!どこみてたんだ?みたいな顔してる。

「こいつが今朝開かなかったんだよな、」と今一度確かめる。

この事実を僕はどう落とし込んでいいか分からず『ミステリー』にしてやろうかなと思う。

フロントには「そんなにいた?」と思うぐらいインド人が沢山いる。

みんな私服だから誰が「仕事中」だか分からない。

またそれが笑顔でじゃれあっているから
誰が遊びに来ている友達か分からない。

みんなフロントマンかもしれないし、
みんな近所の子供達かもしれない。

もういいや。聞きたい気持ちを抑える。とりあえず門は開いている。

「自由に外出できる」という宿泊者として当然の権利を我は今3時間越しに享受する。

16世紀のフランス市民みたいになった

わたしは朝9時過ぎにホテルを出る。

次へ

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。