銀河けんじです。

今日は「宇宙はどのくらい広いか」という表題でプレゼンしたいと思います。

くれぐれも

冷静に、

興奮しないで、

びっくりしないで聞いてくださいね?

自分も最後まで冷静に伝えますので。

なお細かい数字の間違えは天文学の計算によって多少前後するものですし、参考文献によっても異なりますのでその辺は銀河すみません。

その前に皆さん

「銀河」って何?

って事ですよね?

簡単にいうと星(恒星や惑星)の集まりです。

太陽の様に自らエネルギーを放っている星を恒星。

地球はその回りを公転する惑星ですよね?

じゃぁその太陽や地球、もっというと太陽系ってどこの銀河に属しているか分かりますか?

一度は聞いたことある

そう。

銀河系「天の川銀河」です。

その太陽や地球が属している「天の川銀河」は2000~4000億個の星の集まり。

太陽や地球はその中の1つ。

地球って1つの銀河の中の4000億個の星の1つなんです。

4000億個ですよ?

銀河びっくりですよね?

じゃぁ宇宙には4000億個の星しかないのか?

天の川銀河、1つしかないのか?

ここで新しい言葉を覚えてください。

「銀河集団」と「銀河郡」です。

「銀河集団」って約50個以上の銀河の集まりです。

じゃぁ「銀河郡」って何かというと3~約50個の銀河の集まりです。

地球が属している天の川銀河は『銀河郡』で、40個の銀河の中の1つなんですよ。

4000億個星の集まりの銀河が40個あるの!

おっと興奮してしまいました、

失礼。

じゃぁ天の川銀河以外の残り39個の銀河は何があるの?というと

天の川銀河の隣の銀河(暗くて観測不能の矮小銀河を除くと)

「アンドロメダ銀河」で直径13万光年の銀河で地球から230光年の場所にあるの!

(局部銀河郡の中で)

一番遠い銀河は

地球から800万光年離れた場所にある「GR8」っていう銀河。

ここで出てきた

「光年」ってどのくらい?って事ですよね?

1光年は光が1年間で進む距離の事。

光は1秒間に30万㎞(地球を7周半)進むの。

速いね?

1秒間に30万kmだよ?

で、

1年間にどのくらい進むかというと9兆4600億km!

1光年=9兆4600億km。

確か先程一番近い銀河で「アンドロメダ銀河」の

280光年だから、、、

だいたいで、

天の川銀河から

約2700000000000000km?

ま、いいとして、

ここからが一番言いたいことなんですけど、

興奮しないで聞いてね?

4000億の星の集まりである1つの銀河が40個ある「銀河郡」、

さらに50個以上の銀河の集まり「銀河団」が膨大な数集まって直径1億光年以上の広がりをもっているものをなんていうか知ってます?

「超銀河団」っていうんですよ。

はぁ、 はぁ、 はぁ、

さ、さらに、

その超銀河団が数100個以上集まって5億光年以上の長さと3億光年の幅を持って、1500万光年の厚さの膨大な数の銀河の事をなんというか知ってます?

はぁ、はぁ、はぁ、

き、、

貴様らぁぁー!

はぁはぁはぁ、

聞いて驚くなよー!!

グレートーーーーー!!

ウォールだぁぁぁぁぁぁーーーー!!!!!!

ぬぉぉぉぉぉーーーー!

クリリンのかたきーー!

はぁはぁはぁ、

あー、びっくりした、、

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。