カテゴリー別アーカイブ: Node.js

【npm対応】nvm is not compatible with the npm config “prefix” option: currently set to “/usr/local”とRefusing to install redux as a dependency of itself

とか言われたら、
設定ファイルにあるそれと互換性がないよって言われている。
そこのコマンドに書いてある
nvm is not compatible with the npm config “prefix” option: currently set to “/usr/local”
Run `npm config delete prefix` or `nvm use –delete-prefix v0.12.9 –silent` to unset it.
[redux] nvm use –delete-prefix v4.1.1 –silent 17:26:01 ☁ feature/0708_2 ☂ ⚡ ✭
N/A: version “v4.1.1” is not yet installed

そこに言われているように、素直に
nvm use –delete-prefix v0.12.9 –silent
して
nvm –version
で確かめて、違うバージョンインストール。
どのバージョンインストールするかは、

【npm対応】nvm is not compatible with the npm config "prefix" option: currently set to "/usr/local"とRefusing to install redux as a dependency of itself

【npm対応】nvm is not compatible with the npm config “prefix” option: currently set to “/usr/local”とRefusing to install redux as a dependency of itself

なんかnvm updateとか打ったら(多分そんなコマンドない)
写真のように下の方に
exampleとして出てきてたから一応そのバージョンでinstallしたら自動でそれ使うようになっていけた。

===============================
これとは別件で、

npm installしたら
Refusing to install redux as a dependency of itself
とか
Please include the following file with any support request:
なことを言われたら
nvmと取得したいパッケージのバージョンが合わない。もしくはpackage.jsonのnameとインストールしようとしているpackage名が被っている。
後者の場合nameを変えてね。

自分はredux欲しかったんですけど、(package.jsonのnameがそれでした。ディレクトリ名)
あとは
下記の様にいわれました。
[redux] npm install –save redux 17:28:43 ☁ feature/0708_2 ☂ ⚡ ✭
npm ERR! Darwin 14.3.0
npm ERR! argv “node” “/Users/[ユーザー名]/.nvm/versions/node/v0.12.9/bin/npm” “install” “–save” “redux”
npm ERR! node v0.12.9
npm ERR! npm v3.5.2
npm ERR! code ENOSELF

npm ERR! Refusing to install redux as a dependency of itself
npm ERR!
npm ERR! If you need help, you may report this error at:
npm ERR!

npm ERR! Please include the following file with any support request:
npm ERR! /Users/ユーザー名/Desktop/Git/react/redux/npm-debug.log

【npm対応】nvm is not compatible with the npm config "prefix" option: currently set to "/usr/local"とRefusing to install redux as a dependency of itself

【npm対応】nvm is not compatible with the npm config “prefix” option: currently set to “/usr/local”とRefusing to install redux as a dependency of itself

nvmコマンド打ってみてください。
何も出力されなければ(もしくはバージョンが出たら違うバージョンを使ってnpm installしてみては??)
zsh: command not found: nvm
と出たら
brew install nvm
nvm-0.31.1 already installed

とか言われたら
source ~/.nvm/nvm.sh

とか言われたら

nvm is not compatible with the npm config “prefix” option: currently set to “/usr/local”
Run `npm config delete prefix` or `nvm use –delete-prefix v0.12.9 –silent` to unset it.
[redux] nvm use –delete-prefix v4.1.1 –silent 17:26:01 ☁ feature/0708_2 ☂ ⚡ ✭
N/A: version “v4.1.1” is not yet installed

そこに言われているように
nvm use –delete-prefix v0.12.9 –silent

と打って
nvm –version

を確かめてください。
nvm updateとか変なコマンド打ってしまったら打てるコマンド案内してくれました。

そこに書いてある

nvm install v0.10.32
違うバージョンのnodeをインストール

もう一回使いたいパッケージ
npm install –save redux

うまくいきましたか??

さっき解決したのにPC立ち上げ直したり、ターミナル再起動した場合また問題発覚していたら
source ~/.nvm/nvm.sh
これが設定ファイルに書かれていないため都度実行しないとならないのです。使っているshell設定ファイルに書きましょう

【npm】npm i でpackageのバージョン指定、上げたくない時

npm i で勝手にバージョン上勝手しまうことがあります。
それは
package.jsonのバージョン指定が

fafafa : ^2.5.0

とかになっているからです。
この場合もし2.5.1とかバージョンが上がったら
npm installで上がってしまいます。

もしnpm i でpackageのバージョン指定、上げたくない時

npm install –save –save-exact [packagName]

とやるといいです、

npm config ls -l
とやってみてください。
npm の設定が見れます。

【npm】npm i でpackageのバージョン指定、上げたくない時

【npm】npm i でpackageのバージョン指定、上げたくない時

そこに書いてある
save=true
save-exact=true

はnpm i 時に自動でそれをオプションなしでやってくれます。
もしfalseになっていたら

ターミナルで
npm config set save=true
npm config set save-exact=true

をしてください。
npm config ls -l
でtrueになったことを確認してください。

これでオプションなしで、表題のことをやってくれます。

でわまたー

<p class="p1"><!DOCTYPE <span class="s1">html</span>></p>
<p class="p1"><span class="s1"><html></span></p>
<p class="p1"><head></p>
<p class="p1"><meta <span class="s1">charset</span>="UTF-8"></p>
<p class="p1"><title><%=title %></title></p>
<p class="p1"><link type="text.css" <span class="s1">href</span>="style.css" <span class="s1">rel</span>="<span class="s1">stylesheet</span>"></p>
<p class="p1"></head></p>
<p class="p1"><body></p>
<p class="p1"><h1><%=title %></h1></p>
<p class="p1"><p><%=<span class="s1">msg</span> %></p>
<p class="p1"></body></p>
&lt;p class=&quot;p1&quot;&gt;&amp;lt;/html&amp;gt;&lt;/p&gt;</p>

<p>&lt;h3&gt;node.js&lt;/h3&gt;
var http = require('http');
var fs = require('fs');
var url = require('url');
var ejs = require('ejs');
var cookie = require('cookie');</p>

<p>var index = fs.readFileSync('./index.ejs','utf8');
var style = fs.readFileSync('./style.css','utf8');
var server = http.createServer();</p>

<p>server.on('request',doRequest);
server.listen(1337);</p>

<p>function doRequest(req,res){
var path = url.parse(req.url);
switch(path.pathname){
case '/' :
var msg = &quot;クッキーはありません&quot;;
if(req.headers.cookie != null){
var ck = cookie.parse(req.headers.cookie);
msg = &quot;クッキー:&quot; + ck.lasturl + &quot;,&quot; + ck.lasttime;
}
var tmp = ejs.render(index,{
title : 'index Page',
msg : msg
});
res.setHeader('Content-Type','text/html');
res.write(tmp);
res.end();
break;
case '/style.css':
res.setHeader('Content-Type','text/css');
res.write(style);
res.end();
break;
case '/time':
var d = new Date().toDateString();
var ck1 = cookie.serialize('lasttime',d,{
maxAge : 100
});
res.setHeader('Set-Cookie',ck1);
res.setHeader('Content-Type','text/plain');
res.write('SET - COOO_KIEE!');
res.end();
break;
case '/favicon.ico':
break;</p>

<p>default :
res.setHeader('Content-Type','text/plain');
res.setHeader('Set-Cookie',['lasturl=' + path.pathname]);
res.write('SET COOKIE!');
res.end();
break;
}
}
console.log('Server runnning at http://127.0.0.1:1337');</p>

<p>

Nod.jsを扱うときのEclipseの設定方法とプラグインを使って日本語化(Pleiades)めもめも

①ここのサイトからダウンロード

<

h4>Eclipse IDE for Java EE Developers

<

h4>
https://eclipse.org/downloads/packages/eclipse-ide-java-ee-developers/keplersr2

自分のOSにあったものを右端のところから
bit数はOSの(調べてね)そのものを。
64bitのやつで32bitをダウンロードしたら使えるけど、自分のOSが32なのに64はダメ

わたしはMacなので
ここから
http://www.eclipse.org/downloads/download.php?file=/technology/epp/downloads/release/kepler/SR2/eclipse-jee-kepler-SR2-macosx-cocoa-x86_64.tar.gz

この写真の緑のところ

<

h4>Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン

<

h4>
http://mergedoc.sourceforge.jp/

写真

気持ち悪い

ここの安定版のほう
ここ

一瞬迷ったけどダウンロード数多い方選んだ

③今ダウンロードしたpleiadesの中の「features」内にある[jp.sourcefore.mergedoc.pleiades]を
コピーしてEclipse内の「features」内にペースト

次にダウンロードしたpleiadesの中の「plugins」内にある[jp.sourcefore.mergedoc.pleiades]を
コピーしてEclipse内の「plugins」内にペースト

eclipse.iniを編集する
※Macの方はeclipse.appをctr+右で「パッケージ内容を表示」でcontentフォルダの中にあるよ