カテゴリー別アーカイブ: React.js

【react-router-redux】エラーを解決:sync.js:39 Uncaught Error: Expected the routing state to be available either as `state.routing` or as the custom expression you can specify as `selectLocationState` in the `syncHistoryWithStore()` options. Ensure you have added the `routerReducer` to your store’s reducers via `combineReducers` or whatever method you use to isolate your reducers.

【react-router-redux】エラーを解決:routing state to be available either as `state.routing` or as the custom expression you can specify as selectLocationState。。。

【react-router-redux】エラーを解決:routing state to be available either as `state.routing` or as the custom expression you can specify as selectLocationState。。。

 

state.routingか、もしくはsyncHistoryWithStore()オプション内のselectLocationStateとして指定できるカスタム式として利用可能なrouting state を期待している

reducersを分離するために使うメソッドがなにか、もしくは、combineReducersを通じてstoreのreducersにrouterReducerが追加されたか確認してください。

自分の場合
上記の
「the routing state to be available either as `state.routing`」
ができていないくて、

reducerをまとめるjs内で、
下記のようになっていた。

reducers/index.js

import { combineReducers } from 'redux'
import  counter from './counterReducer'
import input from './inputReducer'
import { routerReducer } from 'react-router-redux'

export const appReducer = combineReducers({
    counter: counter,
    input: input,
    router : routerReducer //ここ
})
export default appReducer

store.routingとなるには
routeをroutingに修正

import { combineReducers } from 'redux'
import  counter from './counterReducer'
import input from './inputReducer'
import { routerReducer } from 'react-router-redux'

export const appReducer = combineReducers({
    counter: counter,
    input: input,
    routing: routerReducer //routingに修正
})
export default appReducer

ここを参考に

ではーー

【Redux】「bindActionCreators」とは。使い方 Reduxドキュメント日本語訳

ReduxドキュメントのbindActionCreators

======================

bindActionCreators(actionCreators, dispatch)

同じキーを持つオブジェクトに、
その値をActionCreatorであるオブジェクトにして、
dispatchにラップされたすべてのActionCreatorを呼ぶので、
それらは直接実行できるようになります

通常はStoreインスタンス上のdispatchを直接呼ばなくてはなりません。
もしあなたがReactと一緒にReduxを使うなら、
それを直接呼べるようにreact-deduxもdispatch関数を提供します。

bindActionCreatorに対してのみの使用は、
Reduxが気づかない下のコンポーネントに多くのaction creatorを渡したい時や、
dispatchに渡したくない時、
Reduxがそれに対してstoreする時です。

便利なことに第一引数として一つの関数を渡すこともできますし、
返り値で関数を得られることもできます

Parameters

1. actionCreators (Function or Object)
返り値: An action creator, か action creatorを値に持つobject

2. dispatch (Function) : Storeインスタンス上で利用可能なdispatch関数

Returns

(関数かオブジェクト): 元のオブジェクトを模倣したオブジェクトで、対応するaction creatoreが返したactionを各関数がただちにdispatchingする

もしactionCreatorsとしての関数を渡したら、
一つの関数にもなる値を返します

Example

TodoActionCreators.js

export function addTodo(text) {
  return {
    type: 'ADD_TODO',
    text
  }
}

export function removeTodo(id) {
  return {
    type: 'REMOVE_TODO',
    id
  }
}

SomeComponent.js

import { Component } from 'react'
import { bindActionCreators } from 'redux'
import { connect } from 'react-redux'

import * as TodoActionCreators from './TodoActionCreators'
console.log(TodoActionCreators)
// {
//   addTodo: Function,
//   removeTodo: Function
// }

class TodoListContainer extends Component {
  componentDidMount() {
    // Injected by react-redux:
    let { dispatch } = this.props

    // Note: これは動きません:
    // TodoActionCreators.addTodo('Use Redux')

	//あなたはただactionを作成する関数を呼んでいるだけです
	//actionをdispatchもしなくてはいけません

    // これは動きます
    let action = TodoActionCreators.addTodo('Use Redux')
    dispatch(action)
  }

  render() {
    // Injected by react-redux:
    let { todos, dispatch } = this.props

    //これはbindActionCreatorsの良いユースケースです
   // あなたはReduxが子コンポーネントを全く知らないようにしたいです。

    let boundActionCreators = bindActionCreators(TodoActionCreators, dispatch)
    console.log(boundActionCreators)
    // {
    //   addTodo: Function,
    //   removeTodo: Function
    // }

    return (
      <TodoList todos={todos}
                {...boundActionCreators} />
    )

    // bindActionCreatorsの代りに渡すことです
    // ただ子コンポーネントにdispatch関数を渡すだけです。
	//action creatorsをimport、それらについて知っている必要がある

    // return <TodoList todos={todos} dispatch={dispatch} />
  }
}

export default connect(
  state => ({ todos: state.todos })
)(TodoListContainer)

Tips

・あなたは尋ねるかもしれない: どうして昔のFluxのようにaction creatorsをすぐにstorインスタンスに対してbindするの?
この問題はサーバー上でレンダーする必要があるAppでよく動かないためです。
ほとんどの場合、別のデータを準備することができるので、あなたはリクエスト毎に分けたStoreインスタンスを持ちたいでしょう。
でもそれは定義中にaction creatorsをバインドすることで、
すべてのリクエストに対して一つのstoreインスタンスで詰まってしまうことを意味します。

・もしES5を使うなら、 import * as 構文の代わりに require(‘./TodoActionCreators’) を 第一引数としてbindActionCreatorsへ渡すことだけです。
それに対して気をつけることは actionCreators引数の値は関数ということだけです。
モジュールシステムは重要ではありません。

【React/Redux】このアラートが出てきたらすること/warning.js:36 Warning: validateDOMNesting(…): <div> cannot appear as a descendant of <p>. See Counter > p > … > div.

React x Reduxを使っていて、
下記のようなものがコンソールに出てきたら、

【React/Redux】このアラートが出てきたらすること/warning.js:36 Warning: validateDOMNesting(...): <div> cannot appear as a descendant of <p>. See Counter > p > ... > div.

【React/Redux】このアラートが出てきたらすること/warning.js:36 Warning: validateDOMNesting(…): <div> cannot appear as a descendant of <p>. See Counter > p > … > div.

したのようにpで返している箇所ありませんか??

【React/Redux】このアラートが出てきたらすること/warning.js:36 Warning: validateDOMNesting(...): <div> cannot appear as a descendant of <p>. See Counter > p > ... > div.

【React/Redux】このアラートが出てきたらすること/warning.js:36 Warning: validateDOMNesting(…): <div> cannot appear as a descendant of <p>. See Counter > p > … > div.

ブロック要素が必要ならdivにしてください。
お願いします。

【関連記事】
【React】Reactの動きを理解したい人の為の最小サンプル

【React入門】過去のREACT初心者の自分にpropsとstateの違いを簡単に説明してあげたい

【React × ECMAScript2015 × Flux】を手っ取り早く学びたい人の為にサンプル作ったよ【3の倍数と3が付くときだけ猫になるカウンター】

React × Flux × ECMAScript2015 LINE風チャット

他のReact記事

フロントエンド記事

GitHub

qiita