image

備忘録:4「文字列の最後の部分が,だった場合それを抜いた文字列を抽出する」等

// 文字列を大文字にして’,’区切りで配列に格納して返す
// var target = ‘aaa,bbb,ccc,ddd’;
// var target2 = target.toUpperCase();
// var arry = target2.split(‘,’);
// // alert(arry.length + arry);

// var str4 = ‘aaa,bbb,ccc,ddd’;
// var uper = str4.toUpperCase();
// var arry4 = uper.split(‘,’);
// // alert(arry4);

// //A もし文字列の最後の部分が,だった場合それを抜いた文字列を抽出する
// var str = ‘aaa,bbb,’;
// if(str.substring(str.length -1) == ‘,’){
// var s = str.substring(0,str.length -1);
// // alert(s);
// }
// var str2 = ‘ddd,ccc,’;
// if(str2.substring(str2.length -1) == ‘,’){
// // alert(str2.substring(0,str2.length -1));
// }
// var str3 = ‘ccc,gggm,’;
// if(str3.substring(str3.length -1) == ‘,’){
// // alert(str3.substring(0,str3.length -1));
// }

// //indexOfメソッドとsearchメソッドの違い//
// //indexOfメソッドの引数には正規表現は利用できませんが、serch()メソッドでは正規表現を利用した検索が可能
// var r = ‘aaa,bbb,ccc’;
// //indexOfは正規表現が使えないので’-1’になる
// // alert(‘indexOf:’ + r.indexOf(‘,.*,’));
// //serchは正規表現が使えるので’3’になる
// // alert(‘search:’ + r.search(‘,.*,’));

// // 検索文字が何番目にあるか、ないかの判定
// var str5 = ‘1234567890abcdefghijk’;
// var result5 = str5.search(‘a’);
// if(result5 < 0){ // // alert(',はみつかりませんでした'); // }else { // // alert('aは' + result5 + '番目にあります'); // } // //配列を文字列に型判定して変換 // var arry6 = new Array('aa','bb','cc'); // var aryString = arry6.join('/'); // // alert(typeof aryString + ':' + aryString); // // 配列要素の追加/取り出し(pop/push、LIFO(Last In First Out:スタック(後入れ先出し処理))) // var ary1 = new Array('aa','bb','ccc'); // ary1.push('ddd'); //末尾にdddを追加 // document.writeln(ary1 + '
‘); //aa,bb,ccc,dddになる
// var pop1 = ary1.pop();//配列の末尾から要素を取得
// document.write(pop1 + ‘
‘);
// var pop2 = pop1.pop();
// document.write(pop2 + ‘
‘);
// //もう一度push()メソッドで配列の末尾に要素を追加
// //配列の末尾に’ee’を追加
// ary1.push(‘ee’);
// document.write(ary1 + ‘
‘);//aa,bb,ccになる

(Visited 1 times, 1 visits today)

「備忘録:4「文字列の最後の部分が,だった場合それを抜いた文字列を抽出する」等」への1件のフィードバック

  1. モリケンさん、こんばんは(^_-)☆
    プログラム?ってすごいですよねぇ(^.^) モリケンさん、スゴイです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。