image

    //</p>

<pre><code>Book = Backbone.Model.extend({
    initialize: function(){
        //検出エラーが生じた場合イベントが生成される。invalidイベントハンドラを追加すると検証エラーをフィードバックとして提供できるようになる
        this.on('invalid',function(model,error){
            console.log('**Validation Error:' + error + &amp;quot;**&amp;quot;);
        });
    },
    defaults: {
        name:'Book Title',
        author : 'No One'
    },
    printDetails:function(){
        //something
    },
    validate: function(attrs){
        if(attrs.year &amp;lt; 2000){
            return 'Year must be after 2000';
        }
        if(!attrs.name){
            return 'A name must be provided';
        }
    }
});
var thisBook = new Book();
//2000年よりも前の年を設定
thisBook.set('year',1999,{validate:true});
console.log('Check year change' + thisBook.get('year'));

//モデルから名前を削除
thisBook.unset('name',{validata:true});
console.log('Check if name was removed:' + thisBook.get('name'));


//validフラグを指定しない場合,setメソッドの呼び出し時にvalidate関数は実行されない。
//ただしisValidメソッドを利用すれば、モデルが有効な状態かをいつでもチェックできる
//モデルが有効かどうかをチェック
console.log('Is model valid:' + thisBook.isValid());
// validate フラグを指定しない状態でルール違反
thisBook.set('year',1990);
//モデルが有効かどうかをチェック
console.log('Is model valid:' + thisBook.isValid());
</code></pre>

<p>

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。