aurlia

【Aurelia】todoアプリ作ってたらsystem.js:4 Uncaught (in promise) Error: (SystemJS) Error: Template markup must be wrapped in a template elementが出たら確かめること

【Aurelia】todoアプリ作ってたらsystem.js:4 Uncaught (in promise) Error: (SystemJS) Error: Template markup must be wrapped in a <template> element e.g. <template> <!– markup here –> </template>(…)が出たら確かめること

こういうことらしいので、aurelia触っていたんです

http://aurelia.io/hub.html#/doc/article/aurelia/framework/latest/quick-start/1

http://aurelia.io/hub.html#/doc/article/aurelia/framework/latest/quick-start/1

Aureliaのtodoアプリ
http://aurelia.io/hub.html#/doc/article/aurelia/framework/latest/quick-start/1をやっていたのですが、

renderの際、ブラウザコンソールに
system.js:4 Uncaught (in promise) Error: (SystemJS) Error: Template markup must be wrapped in a <template> element e.g. <template> <!– markup here –> </template>

こういうのでて、大変でした。

system.js:4 Uncaught (in promise) Error: (SystemJS) Error: Template markup must be wrapped in a <template> element e.g. <template> <!-- markup here --> </template>

system.js:4 Uncaught (in promise) Error: (SystemJS) Error: Template markup must be wrapped in a element e.g.

やること
独自タグ書いているところを確認

system.js:4 Uncaught (in promise) Error: (SystemJS) Error: Template markup must be wrapped in a <template> element e.g. <template> <!-- markup here --> </template>

system.js:4 Uncaught (in promise) Error: (SystemJS) Error: Template markup must be wrapped in a element e.g.

自分は上のような階層でそのように書いていたのです。。多分笑われる。。

index.htmlとは別にsrc/app.htmlを作って、その中に

<template>

<h1>${heading}</h1>

</template>

を書くべきだったようです。

なので最終的には

 <template> <h1>${heading}</h1> </template>

こう

再起動して

 <template> <h1>${heading}</h1> </template>

うまく表示されました

 

ではーーー

【 関連記事 】

【REACT】REACTの動きを理解したい人の為の最小サンプル

【REACT入門】過去のREACT初心者の自分にREACTのPROPSとSTATEの違いを簡単に説明してあげたい

【REACT × ES6 × FLUX】を手っ取り早く学びたい人の為にサンプル作ったよ【3の倍数と3が付くときだけ猫になるCOUNTER】

REACT × FLUX × ES6 [WIP]LINE風チャット

他のReact記事

フロントエンド記事

github

qiita

(Visited 3 times, 1 visits today)