Angular2 for TypeScriptのお勉強-sample(5)【ngClass,*ngIf,directives】

フロントエンドエンジニア芸人もりたけんじのAngular2とTypeScriptのお勉強

フロントエンドエンジニア芸人もりたけんじのAngular2とTypeScriptのお勉強

ngClass,*ngIfはよく使う。ので最初に押さえておきたい。。

 

今回やったこと

・子component(directives)として親で描画

・クリック時にisCheckedを判定してfalseだったら子componentをhide

・isCheckedによってスタイルとテキストを変える

import { Component } from ‘@angular/core’;
import { ChildComponent } from ‘./app.childComponent’;
import { Ngif } from ‘angular/common’;

@Component({
selector: ‘my-app’,
template: `
<h1 style=”height:45px”>WIP</h1>
<div [style.color]=”isChecked ? ‘#e3e3e3’: ‘red'”>{{isChecked ?’now is true’ : ‘now is false’}}</div>
<child-component *ngIf=”isChecked”></child-component>
<input type=”checkbox” [(ngModel)]=”isChecked” />
{{isChecked}}
`,
directives: [ChildComponent]
})
export class AppComponent {
isChecked:boolean;
constructor(){
this.isChecked = !this.isChecked;
}
}

・サブツリーを削除する

今回のコード

でわまた〜〜

次のAngular2記事へ

他のAngular2記事

他のjavascript記事

(Visited 1 times, 1 visits today)