image

去年インドに行った際、あれ持ってくればよかった。。と悔やんだ経験からこうなった。

◎持って行くもの
・石鹸(向こうのは固いし、泡立たない。)
・ブロアー(カメラレンズの掃除用。ホコリが舞うぐらいの国だとクリーニングしないと大変)
・バッテリー(PCもスマホも1台兼用で充電できるもの。ホテルに泊まれなかったり寝台列車で移動の際の)
・PCの替えバッテリー(一応)
・SDカード替え4G(前回SDカードが壊れて替えを持ってきといて助かった)
・爪切り(爪が伸びて黒くなるとストレスになる。意外と爪切り置いてないところ多い)
・マネークリップ、カードケース、コインケース(リスクを分散させる為)
・下着(着ているの含めて3セットで洗濯しながら遣り繰りする)
・寝袋(野宿対策)
・ウィンドブレーカー(暑い国はどこでも冷房が効き過ぎて寒いことが多い!)

◎持って行かないもの
・三脚(前回持って行って重いし、夜間写真撮らないし、縦にかさ張る!いらない!)
・バスタオル(いらない!)
・正露丸とか薬(いらない!)

明日変換プラグとアラビア語会話集買って終わり
お金は現金10万と5万分のトラベラーズチェックがあれば3週間いけると思う。
結構中東は日本の同じぐらいの物価で、ピンキリだけど安宿でも5000円ぐらい掛かるみたい。
だから夜から朝にかけて移動するようにしてその車内で寝ようと思う。
クレジットカードも国際キャッシングできるカードで、上限は自分の場合5万でした。

Eチケットはこれ大事。Eチケットもコピーしていたほうがいいぐらい。
インド行った際、向こうでネットから印刷すればいいやと調子こいて持って行かなかったら、
外国からメーラーにアクセスしようとするとセキュリティが掛かって自分のメールが見れないという状態になるのよ。

もういいや。空港の航空会社に確認してもらおう!って帰国便の時間より早めに直接空港に行ったら、
Eチケットないとダメだ!言われて(そりゃそうだ。)恩赦で入れてもらったけど今度はチェックインの際、航空会社に
「搭乗者リストにあなたの名前はありません」いわれて「え?」てなって。
いや絶対この便ってことは覚えているから!もう一度確認してくれ!て何度も訴えたけど返ってくる答え一緒で。
結局は自分の知らないうちに帰国便が時間変更したみたいで(リコンファームもしなかった自分のミスもあり)自分がその便の搭乗者という証明が暫くできずにいた。
空港内はごく限られた場所でしかネット環境が設えていなくて丁度その場所が空港内でチェックインした後に入れる場所のみで、
ネットができないからEチケットを発券できない→発券できないから証明できない→証明できないからチェックインもできない→飛行時間が迫って来ている。という地獄を経験した。

ちょっと思い出してしまって脱線しましたが、
こんなところです。
あと最近つまんないブログですみません。

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。