最近ショックだったこと

タイピングばかりしてペンを持つ機会が全くなかったからか
綺麗な文字が書けなかったこと。

どんなに頑張っても昔のように字が書けない。
いや、昔は字が綺麗だったんです。
綺麗だねって言われたことが多いので信じてください。

今日ペンを久しぶりに持つ機会があって、
まず字がよれたり、
真っ直ぐ書けなかったり、
なんかはらう所がはらい過ぎたり、
止めるところは止まるが止まるまでが変な波をうってたり、
跳ねる所が跳ね過ぎたり、

じゃぁここ何年どのくらいペンを持っていただろう。

1年でペンを持つ時間って、、
1分もない気がする、、

前は仕事上(ホテルのフロント)、
ペンで書いたりしていたけど

今やキーボード。
ここ5年で、多分5分。。

で、今回、書いていて、
なぜ下手になったのか分かった。
なぜペンを持つ機会が減ると下手になるか。
ペンの握り方や力の入れ具合を忘れている。
これだ。原因。

変な所に力が入ってはらいができなかったり、
変な所を緩めてるから流れたり、
そもそもペンを持つ力が弱ってたり。

これはまずい。
何がまずいって
例えばご挨拶やら自分の名前を記帳する際。
恥ずかしいよ。こんな字じゃ。

あいつは酔っ払って記帳してるのか?
て言われちゃう。
あいつは左手で書いたのか?
て言われちゃう。
あいつは外国の方なのか?
て言われちゃう。

いつまでも綺麗な字を書きたい。
1日1回はペンを持って文章を書くようにしよう。

(Visited 2 times, 1 visits today)